JF日本語教育スタンダード(以下、JFスタンダード)は、日本語の教え方、学び方、学習成果の評価のし方を考えるためのツールです。
JFスタンダードを使うことによって、日本語で何がどれだけできるかという熟達度がわかります。また、コースデザイン、教材開発、試験作成などにも活用できます。
JF日本語教育スタンダードパンフレットを公開中 NEW!
日本語版  English(英語版)  Español(スペイン語版)  中文(中国語版)
JFスタンダードが参考にしたヨーロッパの取り組み
JFスタンダードは、ヨーロッパの言語教育の基盤であるCEFRの考え方を基礎にして作りました。CEFRとは、Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessmentの略で、ヨーロッパの言語教育・学習の場で共有される枠組みです。
CEFRは、2001年に発表されて以来、ヨーロッパのみならず世界で広く着目され、各言語で実際に利用されるようになりました。JFスタンダードも、CEFRの考え方にもとづいて開発しました。JFスタンダードを用いることにより、日本語の熟達度をCEFRに準じて知ることができます。
「Can-do」で熟達度を示す
JFスタンダードの開発にあたっては、言語によるコミュニケーションを、言語能力と言語活動の関係でとらえ、一本の木(「JFスタンダードの木」)で表現しました。
これにもとづいて、日本語の熟達度を「~できる」という形式の文で示し、6つのレベルにわけました。
この「~できる」という文を「Can-do」と呼びます。「Can-do」は、「みんなの「Can-do」サイト」で提供しています。
学習者が日本語の熟達度を自己評価し、学習過程をふり返るための方法としてポートフォリオがあります。学習者はポートフォリオを使うことによって、学習達度を意識しながら、学習を進めることができます。
言語によるコミュニケーションの捉え方―JFスタンダードの木
図1 「JFスタンダードの木」
「図1 JFスタンダードの木」は、言語能力と言語活動の関係を整理したものです。言語によるコミュニケーションのためには、基礎となる言語能力が必要です。この言語能力を使って、さまざまな言語活動を行うことができます。(注)
■コミュニケーション言語能力(communicative language competences)
木の根として表現され、言語によるコミュニケーションを支えるものです。言語能力は次の3つで構成されます。
 語彙、文法、発音、文字、表記などに関する「言語構造的能力」
 相手との関係や場面に応じて適切に言語を使う「社会言語能力」
 ことばを組み立てたり、役割や目的を理解する「語用能力」
■コミュニケーション言語活動(communicative language activities)
言語能力を基盤として、木の枝のように広がりがあり、多様性があるものです。
言語活動は、読んだり聞いたりする「受容」、話したり書いたりする「産出」、会話などを行なう「やりとり」に分類できます。さらに、その3つをつなぐ役割を果たす「テクスト」や、それぞれの活動と能力をつなぐ「方略」があります。
言語によるコミュニケーションのためには、図1で示したもの以外にも、文化に対する知識や専門知識、学習能力などさまざまな能力が必要です。
(注)コミュニケーション言語能力(communicative language competences)とコミュニケーション言語活動(communicative language activities)の考え方や構成はCEFRに準じています。
「JFスタンダードの木」で明確になること
日本語を学ぶ人たちの目的はさまざまです。日本の技術を学びたい。自国にいる日本人と話したい。日本のマンガを日本語のままで読みたい…など。人それぞれ目的が違うのに、学習方法が同じである必要はありません。「JFスタンダードの木」によって、重点を置くべき能力が明確になり、学習目的に応じた学習方針を組み立てることができます。
「Can-do」とは
「Can-do」とは、日本語の熟達度を「~できる」という形式で示した文です。
「Can-do」には、6つのレベル(A1、A2、B1、B2、C1、C2)があります。例えば、図2は、「講演やプレゼンテーションをする」という言語活動がレベルによってどう変わっていくのかを「Can-do」で示したものです。(注)
図2 「Can-do」の6レベル
みんなの「Can-do」サイト
「Can-do」は、「みんなの「Can-do」サイト」で提供しています。サイトでは、目的に合わせた学習計画にそって「Can-do」を検索したり、自由に編集したりすることができます。必要に応じて新しい「Can-do」を作成することも可能です。「みんなの「Can-do」サイト」についての詳しい説明は、こちらをご覧ください。
「Can-do」を活用する利点
「Can-do」を活用することによって、日本語の熟達度を客観的に把握したり、今後の学習の目標を明確にしたりすることができます。また、他の人や他の機関とも目標や熟達度を共有できるようになります。
ポートフォリオとは
ポートフォリオは、学習過程を記録し、保存するものです。
ポートフォリオの構成
JFスタンダードのポートフォリオは、「評価表」「言語的・文化的体験の記録」「学習の成果」の3つの要素で構成されます。
教師は、現場のニーズや目的に合わせて、3つの要素を組み合わせて、自由にポートフォリオを作ることができます。
ポートフォリオを活用する効果
ポートフォリオを活用することによって、学習者は日本語の熟達度を自己評価し、学習過程をふり返ることができます。また、学習者が他の教育機関に移動したときに、それまでの自分の学習成果を正確に伝えることができます。
JFスタンダード紹介パンフレット

『JF日本語教育スタンダード2010』第三版

JF Standard for Japanese-Language Education 2010(Second Edition)

『JF日本語教育スタンダード2010』第二版(韓国語版)

『JF日本語教育スタンダード2010 利用者ガイドブック』第三版

『JF日本語教育スタンダード 試行版』

Can-do一覧


今回新しく加わったCan-doには、新しい番号が付与されていますが、前回のリストに既に掲載されていたCan-doの番号は変わっていません。
なお今後も同様に、新しいCan-doが追加されても、これまでのリストに挙がっていたCan-doの番号は変わりません。(2015/01/08)